季節問わず、体が冷たい気がする…そんな方は多いのではないでしょうか。冷えは放っておくと、女性ホルモンのはたらきを低下させてしまう怖い現象です。どのような影響があるのでしょうか。

冷えとホルモンバランスの関係

冷えとホルモンバランスは密接に関わっています。どのような関係性があるのか確認してみましょう。

身体の冷えがもたらすホルモンバランスの乱れ

身体の冷えは、女性ホルモンの分泌指示を行っている脳の視床下部とホルモンバランスに影響を与えている自律神経にダメージを与えます。

自律神経は女性ホルモンと結びつきがあるだけでなく、視床下部と一緒に体温調節を担っている場所でもあるため、体が冷えを感じると、ホルモン分泌の指示もうまくできなくなり、結果、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

ホルモンバランスの乱れが冷えの原因になることも

上記とは逆のパターンが起こることもあります。ストレスなど何らかの理由でホルモンバランスが乱れると、自律神経と視床下部を混乱させることになり、体温管理・調整機能が難しくなってしまいます。

冷えは子宮機能低下にもつながる

自覚がしにくい場所ではありますが、子宮も冷えると、血流も悪くなり本来の機能が低下してしまいます。

特に女性ホルモンの分泌を行っている場所ですので、ホルモンバランスや自律神経まで影響を与えます。

また、子宮の冷えはPMSの悪化や、女性の身体機能を低下させることにも直結します。下記のチェックリストで子宮が冷えていないか確認してみましょう。下記の項目に多く当てはまる方は子宮が冷えている可能性があります。

あなたの子宮、冷えていませんか?チェック

  • 生理痛がいつも重い
  • 生理がなかなか終わらない
  • お腹やお尻を触ってみると冷たい
  • ダイエット中だ
  • 座り仕事が多い

いかがでしたか?当てはまる項目はありましたか?それぞれの項目に当てはまった方に、今日からできる簡単対策法をご紹介します。

少し大股で歩く

大股で歩くことで骨盤が動きます。骨盤が動くと周囲の筋肉も動き、子宮があたたまりやすくなります♪

お腹とお尻をあたためる

特に冬に対策が必要なのですが、寝る時や寒さが気になる時にカイロでお腹をあたためたり、湯たんぽを利用したり、ホットカーペットを活用するなど、できる方法であたためてくださいね。外側からあたためて子宮を冷えから守りましょう!

ふくらはぎをマッサージ!

ふくらはぎをマッサージすることで、下半身全体の血流を促進できるそうですよ。よくもんで、冷えを取りましょう。

冷えの原因は大きく分けて2つ

「冷えって結局何が原因なの?」そんな疑問を持った方も多いかもしれませんね。原因は大小様々ありますが、大きく分けると2つの原因に分かれます。

血行不良

先ほどご紹介した通り、血行の悪さで冷えが加速してしまいます。血行が悪くなると、手や足の先まで血液が行き渡らず、末端冷え性になることもあります。

筋肉不足

最近運動してないな…そんな方は要注意かもしれません。実は、冷え性は筋肉の弱さや量で引き起こされることもあるんです。

特に下半身の筋肉がはたらかないと、足に蓄積された血液が心臓まで戻れず、足のむくみや冷えを引き起こしてしまいます。

まずは、ウォーキングや簡単んなストレッチで下半身の筋肉を少しずつ鍛えながら、全身の血液を循環させられるよう努めてみましょう。

鉄分不足

鉄分不足も冷えを加速させる原因の1つとなっています。鉄分は筋肉へ酸素を運搬する役割を持っているのですが、鉄分が不足してしまうとエネルギー代謝が低下してしまいます。

エネルギー代謝が低くなると、細胞が熱を生み出さなくなるため、冷えが発生するんです。

自律神経の乱れ

自律神経のバランスが崩れることで、体温の調節機能も同じように不調を起こします。

暑い時には血管を拡張させたり、発汗を指示、寒い時には血管を縮めて代謝を高めるよう体温を調節できるよう指示をしますが、自律神経のバランスが乱れてしまうとこうした体温指示もできなくなってしまい、体の冷えが加速してしまうんです。

また、体温管理・調節ができなくなることで、自律神経のスイッチの切り替えもうまくできなくなります。これにより、血液の循環も低下し、冷えも加速します。

普段からこまめに冷え対策をすることが大切

ここまで、冷えはどのように起こるのかお話してきました。では、実際どうしたら冷え対策ができるのでしょうか。普段の生活でどんな冷え対策ができるのかご紹介しますね。

冷え改善のために心がけたいこと

毎日の何気ない習慣に取り入れるだけで簡単に対策できるものばかりですので、ぜひ実践してみてくださいね♪

シャワーで済ませずお風呂に浸かる

忙しい日々が続くと、「今日はシャワーだけでいいや!」となる日もありますよね。ですが、シャワーだけだと早く体が冷えやすくなってしまうんです!なるべく湯船に浸かって、リラックスしましょう。

身体をより温めるお風呂の入り方
  • 保温系の入浴剤を使う(いつもよりも長めにお風呂に浸かってみましょう。お気に入りの香りがあると尚良いですね)
  • 足指や手指を曲げ伸ばしする(入浴中でも入浴後でもOK)
  • 入浴後にストレッチ&マッサージ(血行がより促進されます♪)

オシャレを理由に薄着し過ぎない

男性受けや流行を理由に薄着をする方もいらっしゃるかもしれませんが、もちろん薄着も冷えを加速させます。

どうしても薄着が良い時はカーディガンやストールなどを併用すると良いでしょう。

血行を良くする食べ物を取り入れる

血管を拡張させる食べ物を普段の食卓に並べてみましょう。体もあたためられておすすめです。

血行を良くする食べ物はこんなにあります
  • イワシ
  • サバ
  • 根菜類(にんじん、レンコン、ゴボウなど)
  • 生姜
  • にんにく
  • 赤唐辛子
  • こんにゃく
  • りんご
  • ぶどう
  • もも
  • いちじく

冷たいものを食べ過ぎない

夏になると冷たいビールを飲みたくなったりアイスが恋しくなりますよね。ですが、飲み物も簡単に体を冷やしてしまう原因になってしまいます。

胃腸など内臓が冷えると、血行不良や便秘、代謝の低下などうれしくないことばかり起こってしまいます。なるべく常温のものを口に入れるようにしましょう。

締め付けの強い衣服、靴を避ける

タイトな服や窮屈な靴も、血行不良を起こすきっかけになってしまいます。できる限り避けた方が良いでしょう。

仕事などやむを得ない場合でどうしても締め付けが強い服を着なければならない場合は、オフの日や部屋着をルーズフィットなものに変えるなど工夫してみましょう。

なるべく身体を動かす

体を動かすことにより、血液の循環も促進され、体もポカポカあたたまります。

簡単なストレッチやウォーキングでもかまいませんので、筋肉を刺激してみましょう♪

女性にとって冷え改善はメリットがいっぱい

冷えと女性ホルモンの関係性と冷え対策をご紹介しました。冷えはホルモンバランスに影響を与えるだけではなく、むくみや肥満、肌のくすみ、さらには便秘まで引き起こす原因にもなっています。

冷え対策をしてまず損はありませんので、きょうからできることをさっそく実践してみてくださいね♪