腹痛に効くツボ、頭痛に効くツボ…と、ツボにはあらゆる症状を和らげたり、体も機能をUPさせるツボがありますよね。女性ホルモンも例外ではなく、女性ホルモンに効くツボも存在しているんですよ。どんなものがあるのか、ご紹介しますね♪

道具不要!今すぐ実践できるのが魅力

体の機能を高めたり、不調を和らげるためには、病院に通ったり、サプリを飲んだり…と、手間やお金が要ることが多いですよね。

ツボは、押し方や場所を知っているだけでいつでも実践できるのが魅力です。

女性ホルモンの分泌を増やすツボ

どうしても生活のリズムが不安定になりがちな方や、お肌の調子が悪い…という方は女性ホルモンの分泌が減っている可能性があります。そんなあなたにおすすめのツボをご紹介します。

壇中(だんちゅう)

女性ホルモンの分泌を増やすツボとしてもっとも一般的なツボです。女性ホルモン分泌を促進し、バストアップの効果も期待できる、うれしいツボです♪

押さえる場所

右胸と左胸の間

押さえ方
  1. 胸の間のポイントに指を当てます。
  2. 押し始めはやさしく、そこからだんだん強めに押しましょう。

ツボ押しでバストアップ|壇中(だんちゅう)で女性ホルモンアップ・ストレスダウン

中かん(ちゅうかん)

女性ホルモンの分泌がより活発になるツボです。こちらもバストアップ効果が期待されるツボで、便秘解消にも効果的ですよ。

押さえる場所

おへそとみぞおちの間

押さえ方

両手の人差し指・中指・薬指をそろえて、ツボを押します。

便通改善のツボ 中かん

ホルモンバランスを整えるツボ

下半身の冷えや生理がすっきり終わらない方、貧血で大変な方におすすめのツボです。

三陰交(さんいんこう)

下半身の血流を促進させ、疲れも取れやすくなるツボですよ。

押さえる場所

足の内側(くるぶし)

押さえ方
  1. くるぶしから指4本分上のポイントが三陰交です。
  2. 両手の親指を重ね、ツボを押しましょう。

生理不順・生理痛改善のツボ 三陰交(さんいんこう)

関元(かんげん)

婦人科での治療でよく使用されているツボです。「元気の関所」とも呼ばれています。

押さえる場所

おへそやや下

押さえ方
  1. おへそから下に、指4本分の場所が関元です。
  2. 内臓が集中している場所なので、力を入れすぎず、ゆっくり押さえましょう。

生理不順・生理痛改善のツボ 関元(かんげん)

自律神経を整えるツボ

女性ホルモンと強い結びつきがある自律神経。更年期のだるさやしんどさ、気が滅入る時に活用したいツボをご紹介します。

百会(ひゃくえ)

頭をリフレッシュさせるツボとしても人気で、別称「ツボの王様」。自律神経を整えるだけでなく、全身の機能が回復するともいわれています。美肌にも効果が期待できるんですよ!

押さえる場所

頭頂部

押さえ方
  1. 頭頂部に両手の人差し指と中指を重ねて置きます。
  2. そのまま3秒ほど真っ直ぐ押し、ゆっくり離しましょう。

【頭痛にさよなら】ワンポイントツボ講座

神門(しんもん)

自律神経はストレスに弱い場所です。精神的な緊張からくるストレスをほぐし、気の滅入りを鎮めてくれるツボです。不安を強く感じる時に刺激すると良いでしょう。便通に悩む方にも効果的なのだとか。

押さえる場所

手首の内側

押さえ方
  1. 手首の内側にあるツボで、小指側のポイントが神門です。
  2. 親指でゆっくり押さえましょう。

便通改善のツボ 神門(しんもん)

生理痛に効くツボ

毎月の生理痛がツライ方、そんなあなたにおすすめのツボもありますよ。

血海(けっかい)

左足を伸ばし、力を入れると、ヒザのお皿の内側にくぼみができます。このくぼみの上が血海です。

押さえる場所

ヒザやや上

押さえ方
  1. まず、床に座ります。
  2. 左足を伸ばし、力を入れると、ヒザのお皿の内側にくぼみができます。このくぼみの上が血海です。
  3. 両手で左足のふとももをつかみ、両手親指を重ねてツボに当てましょう。

生理不順・生理痛改善のツボ 血海(けっかい)

気海(きかい)

生理不順や不正出血などのトラブルに効果があるといわれているツボです。心をおだやかにする効果もありますよ。

押さえる場所

おへそやや下

押さえ方
  1. おへそから親指3本分下がったポイントが気海です。
  2. こちらも内臓が集中している場所なので、力を入れすぎず押しましょう。

生理不順・生理痛改善のツボ 気海(きかい)

正しいツボ押しのやり方

せっかくツボを覚えるなら、正しい押し方も併せて覚えておきたいところ。初心者が押さえておくべきポイントをまとめました。

ツボを押すタイミング

おすすめのタイミングは、体が温まっている時です。入浴中が理想的なタイミングでしょう。血行も促進されており、新陳チア者もUPしているため、効果が期待できるんです。入浴後や寝る前のひとときの実践も良いですね。

押し方と回数

ツボには理想的な押し方と回数があります。

押し方

押す時は、息を吐きながら押します。指を離す時は、息を吸いながらゆっくり離すと良いでしょう。

回数

1回のツボ押しを3回~5回繰り返すと効果が得られやすいですよ。

ツボを覚えて女性ホルモンUP!

女性ホルモンの分泌をUPさせるツボをご紹介しました。覚えておくだけで、気軽にトライできるものばかりなので、リラックスタイムに簡単に実践できますね。

ツボ押しは、体の機能を高め、気になる症状を緩和させるだけでなく、ストレス解消にも効果的。ストレスを感じた時に実践するのもおすすめですよ♪