40歳を過ぎたあたりから、女性ホルモンの分泌がガクッと落ち込みます。それに伴って現れる身体の不調が、更年期障害です。

イライラ、不安感、不眠、ホットフラッシュなど、現れる症状は人によって異なるものの、多くの人が更年期に何かしらの不調や悩みを抱えています。

そんな40代以上の身体をサポートしてくれるのが更年期サプリです。気分が晴れない。身体の調子が優れない。そんな更年期の悩みを解消できるかもしれません。

更年期サプリの選び方

減少する女性ホルモンをサポートするために、更年期サプリに配合されている主な成分は下記の5種類です。

  • 大豆イソフラボン
  • エクオール
  • デセン酸(ローヤルゼリー)
  • サポニン(田七人参、高麗人参)
  • マカ

繊細な女性ホルモンに働きかける成分なので、人によって合う、合わないがあります。

1つの成分だけを試して、更年期サプリは効果が無いと判断するのではなく、自分に合う成分を探すつもりで、飲み始めてみましょう。

更年期サプリ選びで後悔しないためにも、成分を把握しておくことは大切です。

大豆イソフラボンはアグリコン型を選ぶ

大豆イソフラボンを選ぶなら、身体に吸収されやすいアグリコン型のものを選ぶことが大切です。

更年期治療を受けている女性35人に対して4ヶ月間、アグリコン型の大豆イソフラボンの摂取を継続したところ、耳鳴りやほてり、めまいなどの症状が改善されたことが確認されています。

http://www.kagayaki-project.jp/ingredients/isoflavone.html

注目されているエクオール

大豆イソフラボンを摂取した後、体内の腸内細菌によって作られる物質がエクオールです。女性ホルモンと似た働きがあり、更年期による減少をカバーするのに期待されています。

しかし、体質によって作れる人と作れない人とがいて、日本人は約50%の割合で作れません。

エクオール配合の更年期サプリであれば、体質に関わらず、エクオールを直接摂取することが出来ます。